若妻 佳穂さん31歳との出会い体験その2

前の記事に戻る…
やべぇ〜!オイラ的には、どストライクだ!!

興奮のあまり、鼻息が荒くなりそうなのを何とか抑えて、お互いに名前を確認して、二人とも何も話さず腕を組んで駅前のホテルに向かった。

エレベーターに乗るなり美しい若妻は、オイラの肩に首をもたげて、つないだ指を意味深にからめてきた。オイラは我慢できずに、彼女の唇を大きく開けた口で塞ぎ、思いきり吸いついた。チュ〜、キュ〜といやらしい音がいっそうオイラのスケベ心を掻き立てた。さらに、舌を捩じ込みネットリと濃厚なキスをした。

エレベーターを降りる時も、ずっとキスをした状態で、オイラは佳穂さんを抱き上げ、そのままベッドへ押し倒した。オイラが、彼女の耳、首筋から胸元に舌を這わせていくと、
「あぁ〜ん…」を彼女は小さな喘ぎ声を出した。

キスしたり、舐めたり、愛撫したりしながら、オイラは自分の服を脱ぎ、彼女のキャミ、ブラジャー、パンツを剥ぎ取り、鼻血が出そうな勢いでコンドームを装着して、前戯もそこそこに正常位で一発彼女と交わった。

もう夢中だった。

その後、彼女はオイラのちんぽを舐めたり、
吸いつくようにフェラしてくれ残り汁をきれいに飲んでくれた。もう、あんなにセックス気持ちいいなんて、生まれて初めて感じた体験だった。
"佳穂さんと出会ったのはここ!美系若妻ならイチオシです♪"


09/15 11:13

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

まほろば

Category

Search

rss
rss2

QRコード